マウンテンランナー マロン

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「2013 HASETSUNE」参戦

10月13~14日、
「第21回日本山岳耐久レ-ス~ハセツネCUP」参戦してきました。

「スポルティバ」ブ-ス前にて(スタート30分前)。
P1200490[1]
チーム「スポルティバ」集合。
PA133478.jpg
今回のチーム戦メンバー3人です。

去年は、
仕事で参戦出来ず、
今年も、
出張絡みで、直前まで、参戦が危ぶまれましたが、
職場・上司の方々のご配慮により、
スタ-トラインに立てるようになりました。
ホッとひと安心と、
感謝の気持ちいっぱいで、会場入りしました。

一昨年の様子です。
↓ ↓ ↓
「HASETSUNE」参戦(ブログ記事)。
http://kuriharatakahiro.blog129.fc2.com/blog-entry-91.html


会場入りして、
まずは、挨拶周りで、ブース周辺をウロウロします。
今回は、
出張中の為、ゴ-ル後すぐに戻る事になっていたので、
この時間を使い、
多くの方達とお会いできるようにと、ウロつきます。

お会いできなかった皆さん、すみませんでした。。。


ブ-スに寄って、アドバイスを聞いて頂いた、
福島和可菜さんを囲んで、
大杉さん、阿部ちゃんと一枚パチリ♪
PA133468.jpg
チーム「自衛官(元自衛官)」。


ゆうじんさん、
江田さんにも、やっと?笑、会えました♪
PA133470.jpg
やまちゃ〜ん!


やまちゃ~ん!と言えば。。。
まっちADにも会えました♪
PA133467.jpg
お互い、頑張りましょうね!!


今回、
トレラン王国のスタッフとして参加の代田くんにも会えました♪
PA133475.jpg
会えて良かったぁ♪


女将さん。
PA133476.jpg
スタート前には、お会い出来ませんでしたが。。。。。
PA133491.jpg
「女将の手」素敵です☆


根岸隊長率いる、上州(大)応援団。
PA133477.jpg
応援ありがとうございました〜!!

その他にも、
沢山の方とお会いできましたが、
(写真がなく、)
紹介できず、すみません。。。


スタート前。松崎さんと。
PA133466_20131021130142c7c.jpg
レースについて、打合せます。


そして、
準備を整え、スタート地点へと向かいます。
PA133493.jpg
お馴染みの顔がいっぱい♪
1383700_544764818929996_683332708_n[1]
トレラン部の野村さんも駆け付けて頂き、エールをもらいました。頑張りま〜す!


13時。
71.5kレースのスタートが切られました。

今回は、
レースに向けての準備・調整が、
充分出来ていなかったので、
参戦に当たり、
設定・目標タイムを何パターンか設けました。
具体的には、
7時間台〜8時間台と幅広く、設定していたのですが、
とにかく、
走り出してから、
身体(脚)がどう反応するか、
様子を見ながら、余裕を持って走る事だけを心がけようと、
第1関門の通過タイムを目安に、
トータルタイムを設定しようと考えてました。

前半の入りは、
余裕があり、前に行きたいという気持ちもありましたが、
意識してペースを抑えました。
順位的には、
だいたい20位前後を走っていたと思います。


醍醐丸(15.2k地点)通過。
P1200599[1]
ここでは、(大)応援団の声援にパワーをもらいます。


浅間峠(第一関門、22.66k地点)手前通過。
1375971_402183759908100_92912328_n[1]
いよいよ、最初のチェックポイントです。


第1関門(浅間峠22.66k地点)は、
2時間37分54秒で通過します。

ここまでの感じでは、
身体の余裕はあるのですが、
意外と、脚の方に来ていて、
練習不足と調整不足を痛感しながら、走っていました。

毎回、レース前には、
コース試走に入るのですが、
今年は、
入る事が出来ずに、約一年振りのコースでした。
小刻みなアップダウンの連続であっても、
頭で感じる感覚よりは、
脚に負担がかかっているような感じでした。

ただ、
リズムだけは崩さないように、
そのペースを維持、
ゴールタイムを8時間30分辺りに設定し、中半戦に入りました。

ここから先、
17時以降は、夜間走行の区間になります。
今回は、
月夜見山を登り切った位から、ライトを装着しました。

中半は、
リズムに乗り切れず、
今いち、しっくりとこない感じでしたが、
ナイトランに入ると、
身体の感覚、リズムも良くなってきました。
やっぱり夜行性?かも笑。


第2関門(月夜見山第2駐車場42.09k地点)は、
5時間16分25秒で通過します。

タイム的には、ほぼイーブン、
リズムも悪くありません。
気持ち的にも、
ここからの追い込みで、
どれだけ順位の方が上げられるかが、楽しみな感じになってました。

レース唯一の補給地点では、
水&ポカリを半々にして、1.5リットル補充しました。
応援に駆け付けてくれた、
チームスポルティバの皆さんからも、激励を頂き、
気合いを入れて、後半戦に入りました。


ここからは、
前後に人影もなくなり、
ペース感覚や脚の疲労、自分との闘いになってきます。

ようやく、
動いてきたな〜と、感覚が戻ってきます。
脚にはきてますが、山に慣れてきたという感じです。

最後のヤマ場、
大岳山をパスする頃には、前後にも人影がまばらに。
さぁ、
ラストの下り13Kの勝負所に入っていきます。。。


第3関門(御岳山58.00k地点)通過。
7時間32分01秒。

ここで、
女将さんに会うことができ、挨拶をします。
パワーをもらい、身体が軽くなりました☆
さらに、
気合いも入り、ラスト、ギアを切り替えていきます。

ですが。。。。。

日の出山をパスして、
残り10Kを切った所、
スピードに乗ってきた所で、
左腿を、出っ張っていた木に強打、そのまま大転倒していまいました。

しばらく動けず、
何人か後続にパスされました。
少し歩きますが、なんか嫌な感じの激痛。
しかも、ずっと下りなので、痛みが響きます。

歩いたり、軽く走ってみたりの繰り返しで、
レース後の事を考えたら、
走らない方が良さそうだな〜という感じの痛みでしたが、
時計に目をやると、
まだ最低目標の8時間台は出せそうだなと。
頭をよぎったDNFの決断も捨て、
少しずつ、走りのペースを上げていきました。

ここからは、
痛みとの闘いでゴールを目指します。

「痛くない!痛くない!!」と、
自分に言い聞かせながら進んでいくと、
街の灯りが、じょじょに、目の前に広がってきました。
ゴールは、もうすぐです。

そして。。。
騙しダマし走り、何とかゴール地点に戻って来る事が出来ました。

結果、
8時間50分09秒。
総合31位でのゴ-ルでした。


若干無事ではありませんでしたが。。。ゴ-ル地点へ戻り、ほっと一息。
P1200727[1]
「前橋トレラン部」のフラッグを頂いての1枚。
P1200741[1]
ありがとうございました~!!


走り終わってみて。。。。。

正直、
終わってホッとした気持ちと、
悔しい気持ち、
嬉しい気持ち、
感謝の気持ち、
ゴール後は、色々な想いが交錯していました。

結果的には、
コースベストでしたが、
まだまだだなと、自分の中で、引っかかる所が沢山浮かんできます。

終始、
前で走りたいけど、これ以上いくと、
潰れる、脚を壊す、などと、
様子を見ながらの走りに、歯がゆさ(ストレス)を感じながら走っていました。

やはり、
ハセツネというレ-スは、間に合わせのトレーニングでは、
全然勝負にならないことを痛感しました。

来年こそは、
レ-スに向けて、しっかりと身体を合わせ、リベンジしたいと思います。



応援頂いた皆さま、
大会スタッフの皆さま、
大会に関わって頂いた全ての皆さま、
本当にありがとうございました!!

PA133499.jpg
今後も日々精進、また頑張ります!!!
スポンサーサイト

| トレランレース | 22:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kuriharatakahiro.blog129.fc2.com/tb.php/204-83e4ecbf

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。