マウンテンランナー マロン

2010年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年02月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

香港ビッグウエイブベイトレイルランニングレ-ス

初の海外レース参戦です。

DSC01427.jpg

全長32k、標高差300m程度。コ-ス比率は、トレイル30%、ロ-ド70%。
メイン会場である「ビッグウエイブベイ」をスタ-トし、10マイル(16k)走り、
同じ道を戻ってゴールするというロ-ド主体の高速コ-スです。
レースの特徴としては山、海、超層ビル群が混在する中で、
日本のトレイルレ-スでは味わうことの出来ない
素晴らしい景色の中を走ることが出来るレースです。
トレイルレ-スとしては物足りなさも。。。

DSC01587.jpg

DSC01622.jpg

いよいよ現地入り
DSC01602.jpg

ユニフォ-ムに着替え、撮影会へ。
日本からの招待選手ということで、皆さん興味津々です。
DSC01607.jpg

いよいよスタ-ト。ラインは最前列!
他の外国人招待選手たちとお互いの健闘を祈り握手を交わしながら、談笑して待ちます。
勿論、何を言ってるのか分かりません。
僕の紹介もあったようです。何を言っているのよくわかりません。
DSC01616.jpg

スタ-ト。
1人飛び出します。狭い路地を通り抜け、いきなり階段が続きます。
しばらくして追いつき、トップ集団は3人になり、少し遅れて1人ついてきます。
集団には、同じく日本から派遣の加藤聡さんと私が入ります。
今回のコースは、チェックポイントが、8k、16k(折り返し)、24kの3か所あります。

・スタートから8K
狭い路地~階段(登り)~トレイル(登り)~ロ-ド(登り)~トレイル(平坦)
~トレイル(尾根沿いの登り・下り)と登り基調のコースです。
追いついてからは、3人の集団で進みます。
初めての海外コ-スで標記も危しかったので、
ミスコ-スを防ぐためにも、我慢・我慢・我慢。
SANY1005_(2).jpg

・8k~折り返し~24k
階段(下り)~ロ-ド(平坦でかなり細い道)~階段(登り)ロ-ド。
このロ-ドが海岸沿いで、側溝の脇?を走るのですが、
とても狭く、人がすれ違うのがやっと。1人しか通れないような道も。
特に、折り返してからは、後続のランナ-とのすれ違いでぶつかる位の危険。
この区間は、狭い、さらに後続とすれ違い、道のクネクネ。
精神的ストレスが、かなり溜る。
後続のランナ-とすれ違う中、女子のトップが来ます。
一緒に派遣で参加の松原衣里さんです。
「頑張れ!!」
後続の女子ランナ-とは、だいぶ離れています。

階段に差し掛かると、まず、加藤さんが前へ出ました。
ここで2人に。
加藤さんの登りのリズムが良く、ピッチも速く、離されていきました。

ここで直前のトレ-ニングで左足首を捻挫したところが(痛)。
スタ-トしてからも2~3度捻り。得意の登りなの。。。

・24k~ゴ-ル
トレイル(尾根沿いの登り・下り)~ロ-ド(下り)~トレイル(下り)~階段(下り)
下りに入ると、今度は、衝撃が捻った個所に。。。
ペース(リズム)が上がりません。

結局後続の選手に追い上げられ、同タイムの3着。
クラス別で準優勝でした。

男子

優勝   加藤聡   2時間10分35秒
準優勝  栗原孝浩  2時間19分04秒
3位   張九明   2時間21分52秒

男子優勝の加藤聡さん、女子優勝の松原衣里さんと
DSC01665.jpg

松原さんのゴールシーン。見事!
DSC01656.jpg

今回サポ-トで「フィ-ルズ」http://www.fields-co.jp/の野々山さん。
大変お世話になりました。

DSC01664.jpg
(右上:野々山さん 左のご夫婦が陣馬山山頂「信玄茶屋」の小池夫妻です)

応援してくれた皆様、サポートしてくれた皆様、ありがとうございました。
スポンサーサイト

| トレランレース | 13:00 | comments:11 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。